蒼井凜花コラム~「成功する女性になる」これからの働き方とは~第6回

 はた楽サロンをご愛読の皆さま、こんにちは。
 官能作家・コラムニストの蒼井凜花です。
「成功する女性になる」の第6回目のコラムは「未来に求められるリーダー」についてお伝えさせて頂きます。

 最初に、英オックスフォード大学で人工知能の研究を行うマイケル・A・オズボーン教授が発表した言葉を述べたいと思います。

「今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高い」

 衝撃的な論文ですので、ご存知の方も多いでしょう。
 意外なことに、AIが奪うのは単純労働ばかりではありません。高収入で知的なエリートの仕事も代替すると指摘されています。
 例えば税理士。一台のAIが税理士数千人分に相当するとは、驚きを通りこし、戦慄すら覚えてしまいます。また、米国ゴールドマンサックスでは、2000年には600人いたトレーダーが、2017年には何とたった2人になりました。株式投資プログラムが自動的に取引をしているため、人の力は不要なのです。
 
 残酷とも言える予測と現状が取りざたされる一方で、人間の平均寿命は延び続けています。現在50歳未満の人の多くが100歳以上の寿命になる可能性は非常に高い――つまり、長生きをする人が増加する反面、仕事はAI化され、従来の働き方では生き残ることが極めて困難な世になっているのです。

 私たちを取り巻く環境、ビジネスモデル、顧客ニーズが高速で変化していく中、未来のリーダーに求められるものは「時代への適応力」に他なりません。
 ただ、従来の「カリスマ型リーダー」の時代は終わりました。一人のトップの舵取りが時流に適合できず、顧客のニーズと全く別方向に進行した場合、会社が一気に傾きかねないからです。
 重要なのは、AIと共存しながらも「人間にしかできない仕事」を見つけ、それをビジネスにつなげていく洞察力と行動力、胆力。顧客と直に接する現場の人間の声に耳を傾ける素直さ、柔軟性も必要不可欠です。

 そこで、「ハーバード流 逆転のリーダーシップ」の著者、リンダ・A・ヒル教授が提唱するのが「羊飼い型リーダーシップ」です。
 これからは一人の天才のみでビジネスを展開していくのではない。多様な人材の才能を結集し、部下の能力を存分に発揮させ、チームのパフォーマンスを最大化するためには「背後から指揮をする」羊飼いタイプが求められる、と。
 ファイザー、グーグル、ピクサー――成功と実績を収めている企業のリーダーは、イノベーションを起こしやすい場を築くことで、チームメンバーの多様な意見を拝聴し、会社を成功へと導いています。

 ここで留意したいのは、自分にとって必ずしも「快適」ではない状況を当たり前と思うことです。例えば、自分と価値観も視点も全く違う意見があっても、「なぜ、そう思うのか」「それはどのようなバリューがあるのか」などと疑問をぶつけ合い、活発かつ建設的に話しあう。偏見や先入観を捨て、様々な視点、施策、個々の感性を尊重する――それらがイノベーションを起こすことを、リーダーは決して忘れてはなりません。

 半年先さえも不確かな今、生き残る手段のキーポイントの一案が「強みの掛け合わせ」だと説くのは、株式会社・プロノバ(プロの場)の代表にして「経営者200人のかかりつけ医」「敏腕ヘッドハンター」として名高い岡島悦子氏です。
 富士フィルムの好例をご紹介します。
スマートフォンの普及により、従来の写真処理技術が衰退する中、富士フィルムは成長の望めない写真ビジネスから大きな価値を見出しました。ナノテクノロジーや医薬品部門に本格参入し、紫外線による写真の退色を防ぐ抗酸化技術を生かして、スキンケア・化粧品事業への進出も果たしたのです。
 フィルムを酸化から保護する乳剤を作る技術は、人間の肌を守る化粧品「アスタリフト」として見事に開花しました。
 岡島悦子氏の著書「40歳が社長になる日」によりますと、もし、富士フィルムが、コア事業の「フィルムの改善」ばかりを行っていたとしたら、会社は存続していなかったかもしれませんし、実際、競合企業だったアメリカのコダックは存在していない。
 過去の成功の呪縛を捨て、全く違う知的探索に走ったことが、二社の命運を分けた――このように記されています。

 人生100年時代、リーダーは自身の「ぶれない軸」を持ちつつも、常に変化に適応する情報収集と準備を怠らないこと。具体的な方策とそれに伴う実行力、部下や取引先との揺るがぬ信頼関係と人的ネットワークを持続すること。
 心を柔軟にし、「異質な意見・考え方」にも耳を傾けること。
 それが不確実で複雑な世の中で生き残るための大きな指針となることは、間違いありません。
 「変化上等」「逆境上等」――タフな精神を持ち、私たちも柔軟に進化し続けましょう。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. 先日(平成29年9月15日)、玩具大手のレゴが、全世界の従業員の約8%を削減すると発表しました。 …
  2.  はた楽サロンをご愛読の皆さま、こんにちは。  官能作家・コラムニストの蒼井凜花です。 「成功…
  3. 「アムロス現象なオンナは仕事も恋もうまくいかない」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんに…

しくじり部長

  1. 今回の衆議院選挙では、元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民等を離党し、無所属での出馬した豊田真由…
  2. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  3. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …

NEWS & コメント

  1. 株式会社マクロミル(英文社名:Macromill,Inc. 東京都港区)は「年末年始は何する?いくら…
  2. 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は…
  3. 東大発ベンチャーの株式会社情報基盤開発は、ストレスチェックの実施・受検状況に関する調査結果を発表した…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 図解 どんな場面でも会話が楽になるビジネス・シチュエーション別 話し方の教科書
    図解 どんな場面でも会話が楽になるビジネス・シチュエーション別 話し方の教科書
    放送作家、メンタルトレーナーなど9人の会話のプロがやさしく解決
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    自分の人生を取り戻すための36の処方箋。
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る