ストレスを発散・解消する / 疲れた心に効く一番身近な観賞魚(金魚)

新宿に大宗寺という寺院があり、毎年盆踊りが行われる。
夏の風物詩であり、その近くに勤務していた頃には何度か足を運んだことがある。

若手のアルバイト数人を引き連れて盆踊り会場に赴き、生ビールを堪能していたときのことだった。
金魚すくいがあるのでやりましょう、ということになった。
大学生や売れない俳優の卵、俗にいう「フリーター」などのアルバイトたちが金魚すくいに夢中になっていった。その姿は職場で見せる顔とは全く異質で、あまりに無邪気だった。
やがて一人が見事に金魚をすくいあげた。仲間たちから歓声があがる。

幼い顔立ちのフリーターの女の子と、メイクの専門学校生という女性が、会社で飼えないかと言ってきた。職場に金魚がいたほうが仕事に集中できる、というようなことを言っていたが、要するに金魚をそのまま電車で持ち帰るのを嫌がったというのが本音のようだった。

オフィスには金魚鉢もなければ水槽もない。会社に連れ帰るのは現実的でない旨を言ったと記憶しているのだが、男のアルバイトの一人が、それなら明日、水槽と餌を持ってきますよ、と言い出す始末。これははっきりと覚えている。何でも自宅に使っていない水槽があり、ポンプも餌も揃っているので、寄付してもいいというのだ。
なるほど、断る理由がなくなった。

オフィスに戻り、とりあえずその日は花瓶に金魚を入れて、帰宅することとなった。
翌日、約束どおり、水槽一式が届いた。水道水をそのまま水槽にいれるわけにはいかないので、塩素中和剤(ハイポ)で中和し、はじめて金魚に広い家を提供することができた。
この日から、金魚を中心とした観賞魚との付き合いが始まり、猫を飼う直前までの期間、約20年弱続いたことになる。

金魚は学名が Carassius auratus auratus で、フナの突然変異を人為的に観賞用に交配を重ねたことで生まれた観賞魚をいう。
もともとがフナなので、熱帯魚と比較すると飼育は圧倒的に容易で、観賞魚としては世界中に広まっているようだ。日本でも江戸時代の中頃からは庶民の間にも広がっていたともいわれる。

金魚は独特な数種類の尾の形がある。フナ尾、吹き流し尾、三つ尾、四つ尾、そり尾、さくら尾、クジャク尾など多彩だ。
その尾を使って泳ぐ姿は何とも優雅だ。これは意外な発見だった。
活発に泳ぐ姿は一定のリズムに沿っているように見えるものの、実は不規則な動きも混ざり、見ていて飽きない。優雅な尾の使い方で颯爽と泳ぎながらも上下に身体の向きをかえる俊敏性など、なぜか心地良さを感じる。夏場は涼し気な泳ぎにも見え、「涼」を与えてくれる。

これは癒される。

疲れた心を癒すのに不規則な金魚の動きがなぜか効いてくる。観賞魚に夢中になる人の気持ちがはじめて理解できた。

オフィスの受付カウンターの近くに水槽を置いたことで、来客の人たちにも話題になった。しかも定期的に訪れる人は、見事に成長して、金魚の身体も大きくなっていくのを楽しみにしていたようだ。
実際、水槽が狭く感じるような大きさになったとき、今度は自分で新しい水槽を買いに行った。
会社なので土日はともかく、長期休暇もある。そんなときはわざわざ休日でも餌をやりに来た。何と物好きなのかとも思ったが、自宅で飼うより滞在時間の長いオフィスで育てたかった。当時は長時間労働など当たり前という時代で、自分にとっても金魚にとっても最適な飼育場所が会社だったといえるのかもしれない。

ただ、オフィスに勝手に水槽を持ってきて金魚を飼えたのは、取締役だったからという以外に理由がない。恵まれていたとしかいいようがない。
やがて新宿のオフィスが麹町に移転することになり、新しい場所には水槽を置くスペースがなかった。
仕方なく新宿から東久留米の自宅へと水槽を移動させることとなった。

自宅で金魚の泳いでいる姿を見るのも悪くなかった。淡水の別の鑑賞魚も仲間に入れ、水槽は賑わうようになった。それでもやはり中心は水草の周囲を優雅に泳ぐ金魚であることに変化はない。
喧騒の新宿ではなく、武蔵野の面影も随所に残るのどかな郊外を借景にして、日常生活の一部でありながらどこか異世界を感じる金魚の泳ぎに酔いしれる。

今では懐かしい思い出の一部。
金魚すくいで盛り上がっていた彼らも、年齢は30代後半から40代になる。今頃、何をしているかは知らない。同じように金魚のことを思い出してくれているだろうか。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1.  年末にニューヨークに行ってきました。何もかもがスケールが大きくて刺激的でしたが「やっぱり私は日本が…
  2. 「求めるチカラのある人が、求められる人になる」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは…
  3.  先日、ラジオ番組の公開収録イベントで歌を歌いました。昔アイドルタレントだったので人前で歌うのは嫌い…

しくじり部長

  1. 今回の衆議院選挙では、元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民等を離党し、無所属での出馬した豊田真由…
  2. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  3. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …

NEWS & コメント

  1. 時事通信の配信記事によると、農林水産省は省内の文書作成ソフトをマイクロソフトの「Word」に統一する…
  2. 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社は、第6回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」…
  3. 第6回ブラック企業大賞2017の授賞式が開催され、大賞ほか各賞の発表がされた。大賞は「アリさんマーク…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. お坊さんマネーコーチが教えるお金にとらわれない生き方
    お坊さんマネーコーチが教えるお金にとらわれない生き方
    「お金にとらわれた生き方」をしないための”こたえ”はブッダの教えにあります。
  1. ストレスリムーバー パルスエッグ
    ストレスリムーバー パルスエッグ
    極度の緊張感の緩和やイライラに。また気分転換に、さまざまな心の動きに合わせてご使用になれます。
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る