日本の労働生産性が過去最高を更新

公益財団法人日本生産性本部は「日本の労働生産性の動向2017年版」を発表した。日本の労働生産性は、OECD加盟35カ国中18位という順位で、加盟国平均を下回っている。(リリースPDF

この発表を見ると、日本の労働生産性は、一人当たりの名目労働生産性が830万円、時間当たりの名目労働生産性が4,828円となっていた。過去最高を更新した。
リーマンショックにより大きく落ち込んでいる状況が続いたものの、このところ過去最高水準を更新するようになった。

この労働生産性とは、国内総生産(GDP)を労働者の数で割り、さらに労働時間で割ると、就業1時間当たりの付加価値額となる。
物価の変動を取り除いた、1人当たりの「実質労働生産性」上昇率は、0.3%だった。労働時間が減少したことにより、時間当たりの「実質労働生産性」上昇率は1.1%となった。

しかし、過去最高を更新したというのは、それだけ以前からの生産性が悪かっただけの話という見方もある。実際に、労働生産性の国際比較では、年度が異なるものの2015年度では、ルクセンブルクが1万6円なので開きはまだまだある。
スイスは4位、アメリカは5位、ドイツは8位という上位の国とも、まだまだ並ぶには到底及ばない。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

社労士出るとこマスターWEB講座

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. 「ブランディング術で、仕事も恋もパワーアップ!」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにち…
  2.  こんにちは、先日、松戸の南部市場で「いちコン」(市場で合コン)を開催しました。新しくできたクッキン…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る