在宅勤務とそれに伴う生産性の変化や課題

アドビは「COVID-19禍における生産性と在宅勤務」に関する調査結果を「Adobe Blog」で発表した。(アドビ、グローバル調査「COVID-19禍における生産性と在宅勤務」を発表)この調査は、COVID-19により拡がった在宅勤務とそれに伴う生産性の変化や課題を明らかにすることを目的に、米国と日本の労働者それぞれ約1,000名を対象に実施された。

1.米国では在宅勤務で生産性が向上した一方で、日本の労働者の約4割が「在宅勤務は生産性が下がる」と回答
米国の回答者は合計77%で、「生産性が上がった」「変わらない」と回答したが、日本では「生産性が下がった」が43%、「上がった」が21%となり、全く異なる結果となった。

2.在宅勤務では、3割以上がビデオ会議疲れ、5割以上がファイルのバージョン管理の課題に直面
日本の回答者の60%が「対面での会議と比較して生産性が低いと感じる」という回答で、オンライン会議の頻度の高さに対して、39%がビデオ会議疲れを感じ始めていると判明。米国では67%がビデオ会議の生産性を評価し、34%がビデオ会議疲れを感じているという回答だった。

3.業務コミュニケーションツールとしてメッセージアプリの利用が拡大。回答者の半数以上が業務時間外にもメッセージアプリを確認していることが判明
始業時間までに仕事のメールを確認する回答者は37%だが、仕事関連のメッセージアプリ(SlackやTeams chatなど)は半数以上が始業前や休憩時間でも確認している。業務時間外の気軽なやりとりや緊急の連絡手段として用途を使い分けて活用している模様。

※ 米国の調査結果についてはこちら(英語)
※ 本調査の詳細はこちらのSlideShare(英語)

関連記事

組織行動診断士講座紹介動画

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. 突然ですが、みなさんは、1年間でどのくらいの労働災害が発生しているかご存じでしょうか? 厚生労…
  2. はた楽サロン」をご愛読の皆さま、こんにちは。官能作家・コラムニストの蒼井です。 「成功する女性に…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

千葉麗子

千葉麗子

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る