コロナ禍の「安全な国ランキング」

香港の投資会社Deep Knowledge Ventures傘下の、企業と非営利団体のコンソーシアムであるDeep Knowledge Groupが、世界各国の新型コロナウイルスの感染拡大への対処を評価したレポートを出した。250ページに及ぶもので、この中で安全な国のランキングが掲載されている。

この「COVID-19 safety」と題したレポートは、130の定量的及び定性的なパラメーターと、1万1400のデータポイントをベースに分析を行った。このデータポイントは、検査や感染追跡の効率性、政府の対応や医療システムの充実度などを評価したものだ。

このような時期ということもあり、各国の安全ランキングが数カ月間で大幅に変化した。
最初に評価が高かったのは、パンデミック初期段階で迅速な対応を行った国々だったが、現在はコロナ後の経済回復力が高い評価に繋がっている。

安全な国ランキング
1. スイス
2. ドイツ
3. イスラエル
4. シンガポール
5. 日本
6. オーストリア
7. 中国
8. オーストラリア
9. ニュージーランド
10. 韓国

1位と2位のスイス・ドイツの2ヶ国については、科学的エビデンスに基づいた慎重なロックダウンの解除をし、経済再開を進めるに際しても国民を危険にさらすことなく行った点が高い評価となった。

逆に最も危険とされたのは南スーダンだった。
世界で最も高リスクな地域としては、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南の地域と南米で、中東、アジア太平洋地域の一部の国々も高リスク群となっている。

ちなみにアメリカは58位、ロシアは61位、フランスは60位だった。

関連記事

社労士出るとこマスターWEB講座

2020年試験対策 準備中

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  先日、ラジオ番組の公開収録イベントで歌を歌いました。昔アイドルタレントだったので人前で歌うのは嫌い…
  2. 先日、某雑誌に「セクハラにならない誘い方、口説き方」という記事が掲載され、一騒動ありました。 ただ…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る