仕事で実現したい機会に対する意識調査

6億7,500万人が利用する世界最大のビジネス特化型ソーシャルネットワークサービスのリンクトイン(LinkedIn) は、世界22か国を対象とした「仕事で実現したい機会に対する意識調査(Opportunity Index 2020)」を発表した。(プレスリリース

この調査では、経済状況や幸福度(個人の実感や親との比較)、仕事で成功する自信などを指標として算出している。結果を国別・男女別・世代別で比較することで、世界の労働市場をより深く理解することを目的としている。

「100点」を自信の基準得点とした場合、「仕事で実現したい機会」は、日本が22か国中最下位という結果だった。平均指標より2割も低く、日本は海外諸国と比べて仕事や成功への自信が少なく、悲観的だという結果になっていた。

1位:インド
2位:インドネシア
3位:中国
4位:アラブ首長国連邦
5位:フィリピン
6位:メキシコ
7位:ブラジル
8位:アメリカ
9位:マレーシア

12位:ドイツ 13位:スイス 17位:オーストラリア

「人生で成功するためには、何が重要だと思いますか?」という問いに対しては、、日本も世界同様に「一生懸命働くこと」が最上位だった。
以降の順位で日本の特異な点が顕著に現れた。世界では「変化を喜んで許容すること」「ふさわしい人々とのつながりやネットワーク」と続いたが、日本だけが「幸運」が重要であると回答していた。
また、世界平均の3位:「ふさわしい人々とのつながり」についても、日本での回答は約半数になっていた。

「良い生活にとって重要な要素」については、世界でも日本でも「良好な健康状態」だが、2位で差が生じた。は世界では「経済」、日本では「精神」だった。

「どのような仕事を求めますか?」については、世界平均では、「ワークライフバランスが優れている仕事」と「自分が大好きなことができる仕事」が同率1位で全体の4割を占めた。
日本では「自分が大好きなことができる仕事」は5位だった。日本では仕事に「好きなこと」は求めていない傾向が見える。

仕事の機会を得るための阻害要因については、世界では「財政的状況」なのに対し、日本では「年齢」が1位だった。

関連記事

社労士出るとこマスターWEB講座

2020年試験対策 準備中

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  皆様、初めまして、社会保険労務士の田中豪と申します。 この度、社会保険労務士としてコラムを担当…
  2.  先日、プライベートでとてもショックな出来事があって2日間くらいくよくよ悩みましたが、すっかり立ち直…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る