日本人はメールチェックの時間が最短!

アドビは、電子メール利用実態調査「2019 Consumer Email Survey」の結果を発表した。(リリースページ
この調査では、米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、インド、日本の7国における現状を調査したもので、比較分析までしている。

「メールをチェックするのに、平日どのくらいの時間を費やすか」
米国  : 仕事関連:209分 使用ネール:143分
英国  : 仕事関連:207分 使用ネール:124分
ドイツ : 仕事関連:173分 使用ネール:105分
フランス: 仕事関連:216分 使用ネール:142分
豪州  : 仕事関連:211分 使用ネール:129分
インド : 仕事関連:334分 使用ネール:241分
日本  : 仕事関連:77分  使用ネール:53分

日本は7か国で最短という結果だった。インドと比較すると、ほぼ4分の1の短さだった。
この結果について、海外は日本と異なり、「対面でのミーティングが少ない」「テレワークやフレックスタイム等の働き方が進んでいる」といった理由が背景にあるためと考察している。

「チェックしたメールが開封される率はどれくらいなのか」
米国  : 80%
英国  : 81%
ドイツ : 83%
フランス: 71%
豪州  : 79%
インド : 66%
日本  : 69%

「役立つと思うメールだったか」
米国  : 59%
英国  : 56%
ドイツ : 64%
フランス: 57%
豪州  : 61%
インド : 60%
日本  : 49%

「思わず開きたくなるほど関心を引く、企業からのプロモーションメールはあるか」
米国  : 仕事関連:23% 使用ネール:26%
英国  : 仕事関連:19% 使用ネール:23%
ドイツ : 仕事関連:32% 使用ネール:27%
フランス: 仕事関連:28% 使用ネール:28%
豪州  : 仕事関連:23% 使用ネール:27%
インド : 仕事関連:41% 使用ネール:36%
日本  : 仕事関連:20% 使用ネール:20%

メール活用と比較対照するための質問として「職場でどのようなコミュニケーションを望んでいるか」については、、日本は「メール」38%、「電話」25%だった。
これは他国と比べて高く、「対面でのコミュニケーション」11%に対して大きく上回ったが、欧米各国は「対面でのコミュニケーション」がメールを上回っていた。

また、「平日に朝起きてから職場に着くまでに、メールやソーシャルメディアをどの程度チェックするか」については、仕事関連メールについて最下位はドイツの27%。豪仏米の各国では50%以上の割合だった。最高はインドで、88%が職場に着く前に仕事メールをチェックしていた。
日本は43%と言う結果だった。

「休暇中に仕事関連の電子メールを見るか」でも最下位はドイツの42%だった。
次に英国の51%、最も高いのはインドの95%だった。日本は54%だった。

関連記事

社労士出るとこマスターWEB講座

2020年試験対策 準備中

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  こんにちは、新川てるえです。先日、ベトナム旅行をしてきました。(写真) 自分の時間を楽しめるよう…
  2. 会社を辞める、いつかは誰もが会社を辞めます。 辞めるには目的があります。 新しい仕事、新しい土地…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る