野村 宜弘

公認会計士、税理士、公認不正検査士

1999年10月に公認会計士2次試験合格し、監査法人で外資系子会社、製造業、小売業等の監査業務や上場支援業務に従事していました。その後、2005年9月から金融庁・証券取引等監視委員会で有価証券報告書虚偽記載の課徴金調査や内部者取引、株価操縦等の犯則調査に従事していました。平たく言えば、粉飾や株価操縦やインサイダー取引のガサ入れや取調べなどをしていました。2010年11月から一年ほど監査法人で、不正調査の業務、金融機関のリスクコントロールの業務等に従事し2011年12月から独立し、野村宜弘公認会計士事務所を開業しました。翌年には税理士登録をして、現在に至ります。人と会う機会が多いため、労働問題で相談を受けることも多いです。
不正調査専門事務所の野村宜弘公認会計士事務所

メンタルヘルスに対する考え方 メンタルヘルスに興味を持つきっかけについて

1.自分自身のサラリーマンとしての経験から 皆さんは、ひょっとしたら公認会計士という職業は非常に安定しているので、労働問題とは全く無縁であると思われているのかもしれません。しかし現実はそんなことはありません。 多くの公認会計士が所属している監査法人という業界は、景気の影響を比較的受けやすい業界です。そのため、定期的に、人材不足になったり、人材の供給過剰になったりしています。 そうすると、人材不足になった場合には、大量の会計士を雇用するようになりますが、景気が悪くなり、人手が余るようになると、リストラをしたりして人数を減らしたりしています。 したがって、監査法人に勤務していると、そこで、経営者と従業員たる公認会計士のせめぎあいが見られることになります。 資金的に余裕がある監査法人であれば、割増退職金を払うことで、雇う側も雇われる側も円満に退職することが認められます。しかし、資金的に余裕がない監査法人の場合は、半ば追い出すような形でやめてもらうことになります。 そういうような監査法人ですと、監査法人の雰囲気が悪くなり、自己の保身のために優秀な人であっても追い出したりするなどの光景を見てきました。もちろん、表立ってはしませんが、割とグレーなやり方で人を切るのを見たりしてきました。そうしたときに、私が関与していた監査法人のグループ会社がメディアの記事になりました。大手弁護士事務所の弁護士と結託し、「顧客企業の依頼を受け、産業医によるカウンセリングという手段を利用して、従業員を辞めさせるように仕向ける」というものでした。  このような記事をみて非常に衝撃を受けるとともに、メンタルヘルスについても意識するようになりました。

2.知人、友人から相談を受ける機会が増えたこと また、私ぐらいの年齢ですと、同級生であった人や、元同僚であった人は、重要なポストに上り詰めてくる人もちらほら出てきます。そうすると、派閥争いに巻き込まれたりして、心を病む人も増えてきています。審判や裁判沙汰になったケースも何件か見てきています。私自身、証券取引等監視委員会で不正調査の仕事をしていた経験から、会社の不正に絡んで、メンタルヘルスについての相談を受けることがあったりします。  たとえば、監査法人時代に私の同僚であった友達は、非常に優秀なスタッフであったのですが、上司の仕事のミスの責任を上司から責任を押し付けられてしまいました。 友達は、非常に慎重なスタッフで、分からないことや問題となる兆候があった場合には、すぐにその上司に相談をしていたのですが、結局、自己保身に走った無責任な上司にはしごをはずされてしまいました。その結果、友達は鬱病を発症し、休職して退職してしまいました。 また、別の同僚は、監査法人からいわれのない退職勧告を受け、裁判沙汰になったりしました。裁判中相談を受けたことがあり、アドバイスをしたことがあります。やはり、こういう方の相談を受けたりすると最初お会いしたときは、非常にしんどそうですね。いつも、鬱病になったりしないか、病気がある場合には病気が悪化しないか気になるところです。

3.経営者としての愚痴から 会計士という仕事をしていると、さまざまな経営者の方とお会いすることがあります。経営者の方からも「従業員の人が鬱病になってしまった。」といったメンタルヘルスに関連した愚痴を聞くことがあります。経営者の方からお聞きした、経営者自身の経験や対処方法は、なかなか興味深いものがあります。れっきとした合法なものから、グレーなものまでさまざまなものがあります。私の職業柄、もっとも、たいていの場合には、従業員だけではなくその人の上司にあたる人に問題があることが多いような気がします。 このような経験を踏まえて、いろんなコメントをしていければと思います。

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  年末にニューヨークに行ってきました。何もかもがスケールが大きくて刺激的でしたが「やっぱり私は日本が…
  2. 2000年代にパワハラ(パワーハラスメント)という言葉が誕生して以来、何かと目や耳にする機会も多くな…

しくじり部長

  1. 現在は「クールビズ」が定着していますが、それほど歴史のある習慣ではありません。 第1次小泉第2次改…
  2. 早起きの林部長は出社時間も早く、まだ空席の目立つオフィスの片隅でお茶を一杯。 いつもの朝の風景の中…

NEWS & コメント

  1. 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営す…
  2. 東京商工リサーチは、今年8月の人手不足関連倒産が2013年1月の調査開始以来最多になったと発表した。…
  3. ドイツの靴ブランドであるビルケンシュトック(Birkenstock)は、240年以上の歴史のあるメー…

ストレス発散・解消

  1. シルクロードの終点であり、長安の都として栄えていた中国の西安市を訪れたのは、もう十数年前の話になりま…
  2. 丸くて、温かくて、柔らかい ノンフィクション作家の眞並恭介氏の著書『すべての猫はセラピスト 猫…
  3. 日々繰り返される日常という名の毎日から、ふと離れたくなる瞬間。 日常生活とかけ離れた空間に身を置き…

はた楽サロンWEB講座

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る