世界で最も住みやすい都市

英国のエコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が「2018年世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表した。日本からは3位に大阪、7位に東京が選定されていた。

この調査は、安全性、医療、文化・環境、教育、インフラの5項目で評価され、今初めて1位となったウィーンは100点満点中99.1点という高得点だった。3位にランクインした大阪は、公共交通機関の項目が向上し、犯罪率も低下したことが上昇した理由だという。

昨年まで7年連続で1位だったオーストラリアのメルボルンは2位で、得点は98.4点だった。トップ10には米国の都市はなかった。

1位:ウィーン(オーストリア)
2位:メルボルン(オーストラリア)
3位:大阪(日本)
4位:カルガリー(カナダ)
5位:シドニー(オーストラリア)
6位:バンクーバー(カナダ)
7位:東京(日本)
8位:トロント(カナダ)
9位:コペンハーゲン(デンマーク)
10位:アデレード(オーストラリア)

ウィーンが首位になった理由としては、治安の改善が反映されたという。実際にオーストリア連邦犯罪局(BK)が公表した「2018年上半期犯罪統計」では、犯罪件数は減少傾向にあるようだ。ウィーンの今年上半期での犯罪認知件数は前年同期と比較して-14.7%ということなので、これは記録的ともいえる減少と言えるだろう。

次に世界で最も住みにくい都市も紹介する。

1位:ダマスカス(シリア)
2位:ダッカ(バングラデシュ)
3位:ラゴス(ナイジェリア)
4位:カラチ(パキスタン)
5位:ポートモレスビー(パプアニューギニア)
6位:ハラレ(ジンバブエ)
7位:トリポリ(リビア)
8位:ドゥアラ(カメルーン)
9位:アルジェ(アルジェリア)
10位:ダカール(セネガル)

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

社労士出るとこマスターWEB講座

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. 「進化する人に、チャンスは訪れる」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋愛心理研…
  2. かつて、某電気メーカーの人事部門に9年間在籍していました。 9年間といっても、本社の人事部人事…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る