カレーライスは国民食!

昨年のウォール・ストリート・ジャーナルで、ランチの外食市場規模が減少しているという記事があった。
それによると、仕事の一部を自宅でする人の増加で、外食する機会が少ない人が増えていることが原因というものだった。記事によると、そのような人の割合は2003年が19%だったのに対し、2015年には24%にまで達したという。

また、インターネット通販が拡大したことを受け、ショッピングモールに出向き、そこで昼食をとる回数が減っていると指摘していた。

要するに、働き方改革と通販の影響によるという内容だったが、それでも都内のオフィス街では昼食時に飲食店の混雑は相当なものに変わりはない。そんなランチの選択肢として「カレー」という人も多いことだろう。

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「カレー」についてのアンケート調査結果を発表した。(リリースページ

■ カレーを食べる頻度

「月に2~3回」:36.3%
「月に1回」:26.2%
「週に1回」:12.6%
「2~3ヵ月に1回」:12.1%

男女で比較すると、女性よりも男性のほうがカレーを食べる頻度は高い。
『月1回以上』をまとめると、男性は83.2%、女性は71.9%で、11.3%も男性が多かった。

■ カレーを食べたくなる瞬間

「どこからともなくカレーの香りがしたとき」:22.5%
「カレーを見たときや思い出したとき」:21.1%
「いつでも食べたい」:19.7%
「カレー屋さんの前を通りかかったとき」:17.2%
「どこかの家がカレーを作っている匂いがしてきたとき」:16.6%

■ 好きなカレーの種類は?

「ビーフカレー」:64.9%
「ポークカレー」:48.3%
「チキンカレー」:48.0%
「カツカレー」:40.5%

その他、カレーの辛さ、どのように食べるか、隠し味、好きなトッピングは、等々の結果が発表された。
そんな中で、「カレーは何にかけて(何とともに)食べる?」という質問もあった。ダントツの1位は「白米」で、93.1%という結果だった。ナンが2位、うどんが3位だったが、やはりカレーといえば「カレーライス」が定番ということだろう。
DIMSDRIVEでも、「日本の国民食とも言われる”カレーライス”は圧倒的に「白米」が人気だった」としている。

働く人のランチでも「カレー」といえば「カレーライス」ということになるのだろう。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  はた楽サロンをご愛読の皆さま、こんにちは。  官能作家・コラムニストの蒼井凜花です。 「成功…
  2.  こんにちは。官能作家兼コラムニストの蒼井です。  前回は、私の簡単な経歴(CA、モデル、六本木の…

しくじり部長

  1. 代議士の秘書に対するパワハラ報道が過熱したかと思えば、次に芸能界ではまるでサスペンスドラマの一場面の…
  2. 現在は「クールビズ」が定着していますが、それほど歴史のある習慣ではありません。 第1次小泉第2次改…

NEWS & コメント

  1. 東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」が記事として掲載された。(東…
  2. ゼネラルリサーチ株式会社(代表取締役:五條 寿朗、本社:東京都渋谷区)は、副業に関して「働き方改革関…
  3. 一般社団法人日本ビジネスメール協会(代表理事:平野友朗、所在地:東京都千代田区)は、仕事におけるメー…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る