AIが自殺願望を可視化!

「Forbes」2017年11月12日で、『「自殺願望の正体」をAIで解明、命を救うイノベーションの最前線』という記事が掲載されたが、これは米カーネギーメロン大学のMarcel Just教授ら研究チームによる研究結果の発表を受けてのものだった。「AIで脳イメージを分析し、自殺する可能性が高い人々の90%以上を判別することに成功した」とする論文で、「Nature Human Behaviour」に発表された。

これは、一般人と「自殺危険群」を91%の精度で判別することができ、さらには自殺危険群のなかで、実際に自殺を図った人々を94%の正確性で判別することができるというものだった。

Just教授ら研究チームは、自殺を企てた、あるいは自殺を真剣に考えた経験がある18~30歳の青年17名(自殺危険群)と、同じ年齢帯の自殺を全く考えたことがない青年17人(一般群)を対象にした。

対象者に対して、ポジティブな言葉10個、ネガティブな言葉10個、自殺や死と関連した単語10個をそれぞれ示した。「磁気共鳴機能画像法(fMRI)」により脳を撮影し、fMRI画像をAIが学習し、自殺願望を持つ自殺危険群の特徴を割り出すことに成功した。

驚くべき結果があらわれた。自殺しようと考えている自殺危険群の人々が「死」という言葉を見ると、脳の中で「恥ずしかさ」を司る部位:前頭前野が一般群の人々よりも強く反応した。「苦境」という言葉を見た場合は、「悲しみ」と関連付けられた部位が強く反応した。その一方で、「怒り」と関連する領域については、特段の反応を示さなかった。

研究グループはさらに「死・残酷・トラブル・気楽・幸せ・賞賛」などの6つの単語を提示した。その結果、脳内5か所で自殺危険群と一般群の差が際立って大きかった。
そこでAIが6つの単語と5カ所の脳領域の反応を組み合わせた30種類のパターンを解析したことで、自殺の予兆がある人を選別する方法を自ら見つけ出した。その精度が91%ということだった。さらに自殺危険群のなかで実際に自殺を図った人々を94%で判別することに成功した。

研究チームの関係者は「自殺を考えている人をAIで判別できれば、医療陣が事前に支援することができる。今後、分析する人員を増やす計画」としている。
これら研究結果については、米国立衛生研究所(NIH)の関係者らも「今後、さまざまな精神疾患を診断するツールになる可能性が大きい」と期待を寄せた。

「Forbes」では、さらに もう一つ、AIが自殺防止に役立ちそうな有望なトピックとして、今年3月の米フロリダ大学の研究チームの研究結果も紹介している。

これは、200万人の診療データをAIに学習させ、自殺を企てようとする人々の2年前の兆候を、80%の精度で判別することに成功したという研究結果だった。

FacebookやインスタグラムなどのSNSの運営企業でも、映像、音声、テキストをAIで解析し、自殺予備群を予測する研究を行っているともいう。

今まで、目に見えない自殺願望を、AIによって可視化される日が訪れるのかもしれない。命を救うAIの活躍の場が増えることで、AIと人間との関係性も改めて考える必要に迫れるかもしれない。

ちなみに、以前にハーバード大学とバーモンド大学の研究チームによる発表として、インスタグラムの投稿で「うつ病」の人がわかるという記事を掲載したが、テキサス大学の研究チームが、AIによるMRI画像分析手法を投入し、うつ病患者を75%の確率で判別することに成功したことにも記事では言及していた。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. 休憩時間を除いて、1日8時間もしくは1週間40時間を超えて労働させた場合または休日に労働させた場合に…
  2. 「進化する人に、チャンスは訪れる」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋愛心理研…
  3. 職場や家庭での“イライラ”“カチン”を何とかしたいあなたのための やさしい 『アンガーマネジメント…

しくじり部長

  1. 今回の衆議院選挙では、元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民等を離党し、無所属での出馬した豊田真由…
  2. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  3. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …

NEWS & コメント

  1. 「TechCrunch」にFacebookがAIを活用して自殺防止や通報機能を搭載する記事が掲載され…
  2. セキュリティソフトブランド「ノートン」は、日本人女性に対するオンラインハラスメントの最新調査結果を発…
  3. 「ブラック企業大賞2017」のノミネート企業が発表された。(ブラック企業大賞) 実行委が厚労省…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
    働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
    古今東西の名だたる人たちが遺した「働くことにまつわる名言」を厳選した画期的な作品
  1. (テポインー)Tepoinn アロマディフューザー 加湿器 超音波式 七色変換LED 携帯電話コントロール機能付き
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る