京大チーム開発・うつ病治療アプリ

京都大学の研究チームがスマートフォンを使ったアプリを開発した。
うつ病などに対する「認知行動療法」に患者が一人で取り組めるアプリで、薬が効かない患者の約40%で改善効果が出たという報告があった。

認知行動療法(Cognitive behavioral therapy:CBT)は、うつ病、パニック障害、強迫性障害、不眠症、薬物依存症、摂食障害、統合失調症などで有効性が報告されているもので、患者自身がものの見方・認知、問題に対処する行動等の選択肢を増やしていくことで、ストレスの低減を目指すものだ。精神科医が患者と面接して行うのが一般的といえるが、実際に実施している医療機関は少ない。

京大の研究チームは、患者が一人で認知行動療法を受けられるアプリを考案し、毎日の出来事を記録し、不安な解消方法を選択して実行するというシンプルなものにした。
出来事の記録から自分の思考パターンを知り、気分転換の方法を選択肢から選び、実際に試す。そして自分に合うものを実感するという流れになる。

実際のデータとして、抗うつ薬の効果が不十分だった患者約160人を対象にした効果を発表している。薬を変更するだけのグループと、薬を変更したうえでアプリも使用するグループの2つに分け、うつ病の重症度の変化を比較していった。
これを8週間続け、重症度の点数が半分以下に改善した人は、アプリを用いたグループが42%、薬変更のみが21%という結果になった。
2倍の差が生じたことになり、症状がなくなった割合についても、アプリを利用した場合は31%で、薬変更のみの場合はわずかに18%だった。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1.  年末にニューヨークに行ってきました。何もかもがスケールが大きくて刺激的でしたが「やっぱり私は日本が…
  2. 「求めるチカラのある人が、求められる人になる」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは…
  3.  先日、ラジオ番組の公開収録イベントで歌を歌いました。昔アイドルタレントだったので人前で歌うのは嫌い…

しくじり部長

  1. 今回の衆議院選挙では、元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民等を離党し、無所属での出馬した豊田真由…
  2. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  3. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …

NEWS & コメント

  1. 時事通信の配信記事によると、農林水産省は省内の文書作成ソフトをマイクロソフトの「Word」に統一する…
  2. 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社は、第6回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」…
  3. 第6回ブラック企業大賞2017の授賞式が開催され、大賞ほか各賞の発表がされた。大賞は「アリさんマーク…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. お坊さんマネーコーチが教えるお金にとらわれない生き方
    お坊さんマネーコーチが教えるお金にとらわれない生き方
    「お金にとらわれた生き方」をしないための”こたえ”はブッダの教えにあります。
  1. ストレスリムーバー パルスエッグ
    ストレスリムーバー パルスエッグ
    極度の緊張感の緩和やイライラに。また気分転換に、さまざまな心の動きに合わせてご使用になれます。
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る