ハラスメントの実態調査結果

日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津里季生)は、職場やプライベートにおけるハラスメントと暴力に関する実態を把握するため、「ハラスメントと暴力に関する実態調査」を実施した。(リリースページ

調査協力機関がネットエイジア株式会社で、インターネットにより調査を実施した。全国の18歳~69歳の有職男女1,000名の有効サンプルを集計した。

全回答者(1,000名)の職業では、「正社員・職員(民間企業、団体等)」が51.2%、次いで、「パートタイマー」が20.6%だった。

職場で受けた、または見聞きしたハラスメントについての質問に対して、以下のような結果となった。

「『パワハラ』などの職場のいじめ・嫌がらせ」:45.0%
「セクシュアルハラスメント」:41.4%
「ジェンダーハラスメント」:25.4%
「マタニティハラスメント」:21.4%
「ケアハラスメント」:19.8%
「SOGIハラスメント」:13.7%

ハラスメントの代表格であるパワハラとセクハラだけでなく、多種多様なハラスメントが職場にあることが分かった。

では、ハラスメントは誰から受けているのかについては、以下の結果だった。

上司や先輩:69.8%
同僚:28.7%
部下や後輩:6.9%
派遣先、出向先の人:4.0%
顧客:3.6%
取引先:2.2%
その他:12.7%

続いて、職場でハラスメントを受けたことがある人(254名)に、ハラスメントを受けたときに相談したかと聞いた。

「相談した」:58.3%
「どこにも相談しなかった」:41.7%

自身がハラスメントを受けたとき、どのような生活上の変化があったかについても質問している。

「仕事のやる気がなくなったり、ミスやトラブルが多くなったりした」:47.2%
「心身に不調をきたした」:33.1%
「夜、眠れなくなった」:19.3%
「仕事をやめた・変えた」:18.9%
「自分が価値のない存在になったと感じた」:15.7%

職業・雇用形態別にみると、「仕事をやめた・変えた」では正規雇用者・公務員:11.3%、非正規雇用者:28.3%という結果で、非正規雇用者のほうが17.0ポイント高くなっていた。逆に「仕事のやる気がなくなったり、ミスやトラブルが多くなったりした」については正規雇用者・公務員:51.8%、非正規雇用者:41.6%、「仕事を短期間休んだ」でも正規雇用者・公務員:18.4%、非正規雇用者9.7%という結果となり、ここでは正規雇用者・公務員が10ポイント前後高くなっていた。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

社労士出るとこマスターWEB講座

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  こんにちは。官能作家兼コラムニストの蒼井です。  前回は、私の簡単な経歴(CA、モデル、六本木の…
  2.  今回は、資金繰りを強化するために、金融機関へのアピール方法である事業計画書のポイントについてと、「…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパンでは、毎年恒例の有…
  2. 2018年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案(以下、働き方改革関…
  3. 人材紹介のディップは、同社が運営する派遣中心の総合求人情報サイト「はたらこねっと」で、ユーザーを対象…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る