ストレスによる「穢れ」と「カタルシス」

現在、日常的に使われる意味としての「ストレス(Stress)」という語を使ったのは、1914年の生理学者ウォルター・キャノンで、研究領域の生みの親とする意見もあります。しかしストレスの概念としては、1930年代に当時カナダのマギル大学の研究者であったハンス・セリエによる研究が起源といわれています。

どちらにしても20世紀の話で、研究としてはまだまだ歴史が浅い分野といえます。

今日的意味でのストレスが周知される以前では、例えば日本では「気」という概念で考えていたかもしれません。もともとは中国思想や道教や中医学などで使われる用語であったものが、日本では「元気」などに代表される「生命力」「勢い」の意味で使われたり、精神面で使われる用法になったりしたものです。

これを当てはめれば、ストレスは「悪い気」に相当するといえるかもしれません。この「悪い気」が蓄積したことにより、心身に悪影響が与えられた場合、忌まわしく思われる不浄な状態ともいえるわけで、いわば「穢れ」ともいえます。
日本では、穢れた状態になると、その人だけの問題ではなくなり、属する共同体の秩序を乱し災いをもたらすとも考えられてきました。

穢れは、禊(みそぎ)や祓(はらえ)によって浄化できるとされてきました。日本神話で有名なものとしては、黄泉の国から戻ってきたイザナギ(伊弉諾・伊邪那岐・伊耶那岐)の禊でしょう。黄泉の穢れを払う行為で、この際に何柱もの神々が誕生しています。

この禊や祓は神社などで受けるのが一般的でしょうが、心理学や脳科学でいえば心の浄化(カタルシス)ともいえるかもしれません。

カタルシス(κάθαρσις katharsis, catharsis)は、アリストテレスの著書「詩学」の悲劇論で使われた言葉で、もともとは演劇学用語でした。「悲劇が観客に恐れと哀れみの感情を呼び起こし、心を浄化する効果」から医学用語に転用され、フロイトにより代償行為によって得られる満足を指す心理学用語としても用いられるようになりました。

現代ではカタルシスの具体的方法として、マインドフルネスや泣くこと、宇宙や大自然に触れて畏敬の念を抱く、カウンセリングの傾聴、セロトニン分泌を促進する行為、書き出すことなどが挙げられます。

日本神話のイザナギに戻れば、黄泉の国からの帰還の際には、妻との絶縁、死の穢れという強力なストレスを溜め込んだ状態だったといえます。
このときにイザナギは「言興(ことあげ)」をしました。

遂に身の所汚を盪滌たまはぬとして、仍興言して曰はく、「上瀬は是太疾(はや)し。下瀬是太弱し」とのたまひて、便ちこの中瀬に濯ぎたまふ。これに因りて生なりませる神の号を八十枉津日の神と日す。 「日本書紀」第五段より

「上流の瀬は流れが速く、下流は弱い」と言われ、中瀬ですすいだ。これによって生まれた神を八十枉津日という。

現代文にすれば、大した内容ではないといえますが、あえてイザナギは言葉を発している点に注目です。言葉をおこすという意味で「言興」と表現し、これこそが呪術行為ともいわれるものです。

「言霊」であればご存知の方も多いかもしれません。意味としては言葉に宿る霊力のことです。ごく簡単にいえば、言葉にすると、それが現実になること、言葉にすることでパワーが生じることです。

その言霊に基いてイザナギは穢を払う禊を行うことをしました。言い換えれば、悪い気・ストレスに満ちた状態を、言葉にして解消することを宣言し、その結果として神々が生まれたということになります。

心の中に溜まっていた感情が解き放たれ、心が浄化されること、すなわちカタルシスということになるのではないでしょうか。
日本神話を無理やり結びつけた結論かもしれませんが、このような視点でイザナギが祭神になっている神社に参拝に行く、そんなストレス解消はいかがでしょうか。

イザナギを祭神とする主な神社

伊弉諾神宮(兵庫県淡路市)
 淡路国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。「古事記」「日本書紀」では、イザナギの幽宮と伝わっている。
おのころ島神社(兵庫県南あわじ市)
 イザナギ・イザナミの主祭神と菊理媛命を合祀。「古事記」「日本書紀」の国産み神話で「おのころ島」と伝承される丘に立つ神社。
三峯神社(埼玉県秩父市)
 参照:関東最大のパワースポット神社
熊野速玉大社(和歌山県新宮市)
多賀大社(滋賀県犬上郡多賀町)
江田神社(宮崎県宮崎市阿波岐原町)
筑波山神社(茨城県つくば市)
常陸國總社宮(茨城県石岡市)
佐太神社(島根県松江市) 等々
その他、各地に伊邪那岐神社が鎮座。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1.  こんにちは、新川てるえです。先日、ベトナム旅行をしてきました。(写真) 自分の時間を楽しめるよう…
  2.  皆様、初めまして、社会保険労務士の田中豪と申します。 この度、社会保険労務士としてコラムを担当…
  3. 「日馬富士事件に学ぶ、女性の仕事と恋」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋愛心…

しくじり部長

  1. 今回の衆議院選挙では、元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民等を離党し、無所属での出馬した豊田真由…
  2. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  3. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …

NEWS & コメント

  1. プレミアムフライデー推進協議会は、「振替プレミアムフライデー」の実施を呼び掛けた。(PDF:「3月の…
  2. 過酷な労働を強いる業界として、現在最も目立っているのは医療機関といえる。医療機関によるずさんな労務管…
  3. WEBメディアの「Time Out」は、「Tapestry Research」と協力して、世界の都市…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法
    脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法
    精神科医の著者が科学的根拠に基づいて教えてくれます。
  1. 減らす技術 新装版
    減らす技術 新装版
    世界的人気ブログZen Habitsのエッセンスをまとめたロングセラーが新装版で登場!!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る