新川てるえコラム~目的を決めて目標をクリアしていこう~

 こんにちは、新川てるえです。先日、ベトナム旅行をしてきました。(写真)
自分の時間を楽しめるようになった今、子どもが大きくなるのはあっという間だったなってふと思います。
 将来のプランを立てることはとても大切なことだけど、目先で無理なくできることから焦らずにやることがポイントです。今回はそんなお話をします。

 シングルマザーの就労相談をお聞きすると「希望の職種につけません」と悩んでいる人が多いのですが、よくよくその希望をお聞きすると、給料がそこそこ良くて、職場が近くて、週休2日制で、会社の理解があることなどと沢山の条件が上がります。 そこで私はアドバイスします。「欲張らずに、どれか1つから叶えましょう」と。

 みなさんは「目的」と「目標」の違いを意識したことがありますか?目的は「的」目標は「標」なので、最終的に到達したい場所が目的で、そのための道標が目標だと私は思っています。
 様々な道標を通って最後にどんな目的に到達したいのかを考えることがカギになります。
 好きを生かして仕事がしたいのなら、そこにつながるステップアップしていける働き方を考えて欲しいのです。お金を稼ぐために働くことはもちろん大切ですが、それだけだとつまらないと思いませんか?

 私はシングルマザーになった時、ゴルフ場のキャディからスタートしました。叶えたい条件は1つ「子どもを預けて働ける場所」でした。ゴルフ場には託児室がついていて乳幼児(生後4カ月)だった長女を預けて仕事ができる職場だったので私はココを選びました。 そして子どもが公営の保育園に入園できる時期を見計らって、次にスキルアップできる職場に選んだのが化粧品などのパッケージングの営業の仕事でした。もともと専門学校でメイクアップを勉強していたので、その業界に興味があり、タイミングを見計らって転職しました。そこで9年のサラリーマン生活をして、その間にインターネットにシングルマザーのコミュニティサイトを立ち上げたことがきっかけで、起業し、現在の仕事に繋がっています。
 私の目的は「作家になること」でした。そのために様々な経験を積んで、経験から本を書くことを目指してきました。ゴルフ場でのキャディの経験も、サラリーマンとして働いた経験もすべて今の仕事の道標になっていると思っています。

 最後にたどり着きたい夢を描いて、そのためにスキルアップしていける道標を焦らずに1つ1つクリアしていくことが大切です。
 これはシングルマザーだけに言えることではなく、多くの人に意識して仕事のスキルアップに生かしてほしいことです。
あなたの目的と目標を明確にイメージしてみてください。

※「シングルマザー生活便利帳」

増刷(6刷版)につき改訂版を執筆しました。近日書店に並ぶ予定です。シングルマザーのお仕事選びのポイントなどをさらに充実させて盛り込みました。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. 経済産業省・中小企業庁の補助金と厚生労働省の雇用関係助成金の違い  今回は、経済産業省や中小企業庁…
  2. 「小池百合子氏に学ぶコミュニケーション術」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋…
  3. 先日、某雑誌に「セクハラにならない誘い方、口説き方」という記事が掲載され、一騒動ありました。 ただ…

しくじり部長

  1. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  2. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …
  3. 2010年に当時の長妻厚生労働大臣が少子化打開の一助として「イクメン」という言葉をはやらせたいと国会…

NEWS & コメント

  1. 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、40代からの「目の健康」をテ…
  2. 過重労働による自殺、過労死について、働き方改革を進めることが社会的に求められる課題となっていた。しか…
  3. 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、東京オリ…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 命の応援歌。
    命の応援歌。
    「世界最後の自信持てよ。本当は、おまえはすごいんだ。」言葉を操るラッパー・GAKU-MC
  1. 学習する組織―システム思考で未来を創造する
    学習する組織―システム思考で未来を創造する
    人とチームの「学習能力」の根源を探りマネジメントの新常識を打ち立てた名著、待望の増補改訂・完訳版。
  1. メディユースラボ 咲-Lady 1箱
    メディユースラボ 咲-Lady 1箱
    女性ホルモンを補助して体や心の健康をサポートするサプリメント
ページ上部へ戻る