ストレス満載の満員電車、3人に1人は「引っ越したい!」

不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区)は、首都圏在住で都内に電車通勤をしている会社員男女618名を対象にした「満員電車と住まいの関係」調査を実施し、その結果を発表した。(リリースページ

満員電車で日々通勤するということは、それだけで大きなストレスとなる。
そのせいか、通勤電車の混雑が原因で、引っ越したいと思ったことがあるかという問いに対して、「はい」:33.2%、「いいえ」:66.8%というように、3人に1人が「はい」という回答だった。さすがに実際にそれを理由に引っ越したことがあるかという回答については、「はい」:8.3%、「いいえ」:91.7%だった。
しかし、この結果からいかに満員電車に否定的な気持ちがあるかはわかる。

その裏付けとして、次に引っ越す場合は電車の混雑も意識して住まい探しをしたいかについて、45.3%もの人が「はい」と回答した。

一方で通勤時間をとるか、混雑具合をとるかという質問については、「満員電車で短時間通勤」派が76.9%だった。この問いは、満員電車に20分間乗車して通勤するか、ずっと座り続けて120分間の乗車で通勤するかを選択するものだった。
このことから郊外からの長時間通勤よりも、満員電車であっても勤務先に近い都心に住みたいという考え方が強いといえる。しかし、都心部は地価が高いため、同じ家賃であれば必然的に狭い住居スペースになる。
ちなみに同じくアットホーム株式会社の2014年の調査(リリースページ)で、1都3県のサラリーマン583人の平均通勤時間は58分だった。理想通勤時間の結果では35分だった。

また、1日に使う体力を100%として、通勤に割く体力は平均で23.1%という結果がでた。もちろん1位は仕事で55.5%、家事は13.2%だった。

時差通勤については、「している」が29.0%で、その中で46.9%の会社がフレックスタイム制度を導入しているという回答だった。

現在、何かと話題の小池百合子都知事は選挙公約に「満員電車ゼロ」を掲げた。実際に協議会も旗揚げされている。「時差通勤導入」は方策にも挙げられていたが、現状では時差通勤を行っている企業は少数派といえる。ストレスのない快適な通勤を首都圏で実現するのは、まだまだ遠い道のりといえるかもしれない。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. 「小池百合子氏に学ぶコミュニケーション術」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋…
  2. 「進化する人に、チャンスは訪れる」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋愛心理研…

しくじり部長

  1. 2010年に当時の長妻厚生労働大臣が少子化打開の一助として「イクメン」という言葉をはやらせたいと国会…
  2. 現在は「クールビズ」が定着していますが、それほど歴史のある習慣ではありません。 第1次小泉第2次改…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の宿泊予約サイトHotels.com™は、ワークライフバランスと国内出張に関する意識調査を…
  2. ブランド総合研究所が「地域ブランド調査2018」の結果を発表した。(地域ブランド調査2018・特設ペ…
  3. 全国でゲストハウスウエディングを中心に、様々な記念日プロデュース事業を展開しているアニヴェルセル株式…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

社労士テキスト

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る