加藤勝雄コラム~やさしい 『アンガーマネジメント入門』第1回~

職場や家庭での“イライラ”“カチン”を何とかしたいあなたのための
やさしい 『アンガーマネジメント入門』

 あなたは職場や家庭で“イライラ”“カチン”としたりはしていませんか。アンガーマネジメントによって、“怒りの感情”(“イライラ”“カチン”)は上手にコントロールすることができます。その結果、アンガーマネジメントには職場での人間関係は良くなり、家庭円満に役立つという効果があります。
 職場や家庭での“イライラ”“カチン”を何とかしたいあなた! 必見です。さあ、話を進めましょう。
   第1回 アンガーマネジメントとは
   第2回 アンガーマネジメントの3つのメソッド (6秒・3重丸・分かれ道)
   第3回 「アンガーマネジメント」の叱り方

第1回  アンガーマネジメントとは

 アンガーマネジメントは、1970年代にアメリカで確立されたもので、アメリカでは軽犯罪者の矯正プログラム、企業や学校、政治の世界、プロスポーツの分野などさまざまな分野で取り入れられております。その理論的背景は、認知行動療法+解決志向アプローチ(Solution focused aproach)です。アンガーマネジメントは誰にでも簡単にできる、心理トレーニングです。日本に導入されたのは2011年ですが、短期間のうちに企業や学校、公的機関などに急速に広まっています。
アンガーマネジメントとは
 アンガーは文字通り“怒り”、マネジメントは直訳すると管理ですが、「アンガーマネジメント」では、後悔しないことと定義します。私たちは怒っても怒らなくても、後で後悔することが多いですよね。ですから、マネジメントを“怒り”について後悔しないことと定義しているのです。つまり、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らないようになること、それが後悔しないことの意味です。アンガーマネジメントの目的は、決して怒らなくなることではありません。なぜなら、“怒り”は私たち人間にとってごく自然な感情表現だからです。
問題となる4つの“怒り”
 しかしそうは言っても、問題となる4つのタイプの“怒り”があります。
タイプ1 強度が高い       小さなことでも激昂する、強く起こり過ぎる
タイプ2 持続性がある      根にもつ、思い出し怒りをする
タイプ3 頻度が高い       しょっちゅう“イライラ”する、“カチン”とくることが多い
タイプ4 攻撃性がある      他人を傷つける、自分を傷つける、モノを壊す
 あなたはこのような“怒り”のタイプに、当てはまりますか? 自己診断をしてみてください。
“怒り”の5つの性質
 “怒り”には5つの性質があると言われております。
性質1 高いところから低いところへ流れる (パワハラを想像してください)
性質2 身近な対象程強くなる (DVを想像してください)
性質3 矛先を固定できない (八つ当たり、とばっちりなどを想像してください)
性質4 伝染しやすい  (周りの人に、夫から妻へ妻から子供へ・・・と伝染します)
性質5 エネルギーになる(“怒り”・“悔しさ”をバネに練習したイチロー選手を想像してください)
 性質5はイチロー選手ようにプラスに働けばよい性質と言えますが、マイナスに働くと大変なことになります。いやはや“怒り”という感情は、なかなか厄介な性質を持っているようですね。
 次回はそういう“怒りの感情”をどうやってコントロールしたらよいか、アンガーマネジメントの3つのメソッドについてお話をいたします。

アンガーマネジメント ハラスメント防止 メンタルヘルス セミナー・研修のご提案

MAIL問合せ

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. 経済産業省・中小企業庁の補助金と厚生労働省の雇用関係助成金の違い  今回は、経済産業省や中小企業庁…
  2. 「小池百合子氏に学ぶコミュニケーション術」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋…
  3. 先日、某雑誌に「セクハラにならない誘い方、口説き方」という記事が掲載され、一騒動ありました。 ただ…

しくじり部長

  1. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  2. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …
  3. 2010年に当時の長妻厚生労働大臣が少子化打開の一助として「イクメン」という言葉をはやらせたいと国会…

NEWS & コメント

  1. 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、40代からの「目の健康」をテ…
  2. 過重労働による自殺、過労死について、働き方改革を進めることが社会的に求められる課題となっていた。しか…
  3. 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、東京オリ…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 命の応援歌。
    命の応援歌。
    「世界最後の自信持てよ。本当は、おまえはすごいんだ。」言葉を操るラッパー・GAKU-MC
  1. 学習する組織―システム思考で未来を創造する
    学習する組織―システム思考で未来を創造する
    人とチームの「学習能力」の根源を探りマネジメントの新常識を打ち立てた名著、待望の増補改訂・完訳版。
  1. メディユースラボ 咲-Lady 1箱
    メディユースラボ 咲-Lady 1箱
    女性ホルモンを補助して体や心の健康をサポートするサプリメント
ページ上部へ戻る