ストレスを発散・解消する / 真夏のビール

暑い夏に冷えたビール!

仕事が終わったあとに飲むその瞬間、ビール好きな人は至福の瞬間を迎えます。
その日のストレスも一瞬にして解消するだけのパワーがあります。

実は、日本官能評価学会誌 Vol.1 No.1 (1997年3月)では、自身で「ストレスを感じている」と自覚している人ほど、苦味のある食品を美味しいと感じる傾向があると書かれているようです。ビールといえば「苦味」です。この苦味には疲れた味覚をリセットして、落ち込んだ気持ちをハッピーに転換する効果があるというのです。つまりビールはストレスがある人ほど、「うまい! 」ということになるのかもしれません。

そもそも苦味というのは、人間にとって本来は積極的に好む味とは正反対のものです。にも関わらず、苦味が前面にくるビールがここまで親しまれているのは、やはりそれなりの理由があるということでしょうか。

ただビールというと、「太る」とうイメージもあるようです。
果たして本当にそうでしょうか?

実は意外なことに思えるかもしれませんが、明治時代には、ビールは薬局で売られていたのです。栄養成分豊富な健康飲料だったわけです。
ではなぜ、「太る」と思われるようになったのか、という問題ですが、ここでも「苦味」が関係してきます。
ビールの苦味はホップから出るものですが、この苦味には胃腸の消化液や唾液の分泌を促進する働きもあるのです。さらにビールといえば炭酸ですが、この炭酸には胃腸の動きを活発にする作用があるといわれます。そのためビールを飲むとついつい食が進んでしまうので、こってりとした料理も過剰に摂取してしまい、結果として「太る」危険性もあるということでしょうか。
そう考えると、もしかしたら苦い漢方薬も炭酸を入れれば、ビールと同じように食が進むのかもしれません。

ビール単体で見た場合には、栄養面で優れています。6種類のアミノ酸、17種類のビタミン、14種類のミネラルなどがあり、何と50種類以上の栄養素が含まれているのです。ビール酵母にも注目です。必須アミノ酸やビタミンB群だけでなく、食物繊維やミネラルも豊富に含まれています。まるでサプリメントに表記されているみたいです。
日本では薬局で売られていたように、欧州では「液体のパン」とも呼ばれているほどでした。脚気予防の飲料でもありました。古代エジプトでは、女性の洗顔に使われていたという説もあるようです。

では、ビールの泡についてはどうでしょうか。
さすがに泡には栄養がないようにも思えますが、実は泡の正体というのはタンパク質や炭水化物で、ホップ成分に包まれた炭酸ガスの気泡です。つまり、泡もビールの液体部分と別の成分ではないということです。

最後に気になる点ですが、これもイメージとしてビールはカロリーが高いのではないかという点です。
一般的にビール100mlのカロリーは39kcalです。ご飯1膳(140g)が168kcalですから特別にビールが高いとはいえません。
さらに他の飲料と比較するとその差は歴然です。赤ワイン100mlのカロリーは75kcalで、ビールより高いことが分かります。さらに日本酒では110kcal、極めつけはウイスキーの242kcalです。
もっと驚いて頂きましょう。同じ量で比較した場合、牛乳は68kcalです。ビールのほうがカロリーが低いのです。

肯定的な要素をこのように並べるより、まずはビールを飲む!
おそらくそれがすべてを物語っている気がします。仕事が終わってから飲むビールは人間関係の潤滑油になります。明るい飲み物がビールで、盛り上がったりするのもビールです。

そういえば以前にミュンヘンのホフブロイハウスに行ったときのことです。
ホフブロイハウスとは、日本でいえばビアホールで、ミュンヘンでは観光名所の一つになっていて、外国人観光客も多く来店する店です。マリエン広場から歩いていける距離にあり、1階がビアホール、中庭がビアガーデン、2階がレストラン、3階がショーが催されるフロアです。圧巻なのは1階で、この広さはまるで体育館です。
ここに入った際、「Oktoberfest」などでビールの乾杯の時に歌われる酒宴の歌「Ein Prosit」に負けないほどの声量で、「六甲颪」(ろっこうおろし)を熱唱する声が聞こえました。ドイツ独特のビアホールの雰囲気の中で、突如聞こえてきた「六甲颪」は、いきなり関西の居酒屋へ迷い込んだほどのインパクトを与えました。忘れられないシーンです。
異国の地で阪神タイガースの歌に熱狂する人たちは、まさにビールで酔い加減になって盛りがったのかもしれません。

考えてみれば、落ち込んだときにワインやウィスキーを飲む姿はあっても、ビールには似合わない気がします。
ビールを飲んで陽気になって、暑さもストレスも解消する、結局それが結論です!

Ein Prosit der Gemütlichkeit

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  2. 「仕事上手は恋愛成就」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋愛心理研究所所長、日…
  3. 減俸といっても様々な種類がありますが、大きく下記の5パターンに分けられます。 1)降格人事による減…
  4.  シングルマザーは「働くお母さん」というよりも「働かなくてはならないお母さん」ですという話を以前にし…

しくじり部長

  1. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …
  2. 2010年に当時の長妻厚生労働大臣が少子化打開の一助として「イクメン」という言葉をはやらせたいと国会…
  3. 池田さん、産休前でも元気に出社 社内で様々なトラブルやしくじりをしてきた林部長ですが、今日は穏やか…

NEWS & コメント

  1. 東京都内の建設会社で外国人技能実習生として働いていたカンボジア人男性(34)に、立川労働基準監督署が…
  2. イギリスのクリーニング宅配サービス大手会社「Zipjet」が世界500都市を対象にランク付けを行った…
  3. オムロンヘルスケアが運営する「オムロン式美人」と、スターツ出版が運営する「オズモール」は、「働く女性…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. U理論―過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術
    “U理論―過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術”
    人・組織・社会の「在り方」を鋭く問う現代マネジメント最先鋭の「変革と学習の理論」、待望の邦訳。
  1. 人生の地図
    人生の地図
    自由に、自分の好きなように、人生という名の「旅」を楽しむための言葉&写真集…
  1. 28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る