新入社員の約半数「仕事終わっても帰らない」 

日本生産性本部と日本経済青年協議会が6月26日に今年度の新入社員意識調査を発表した。
平成29年度の新入社員1,882人が対象で、「働くことの意識」をめぐるアンケート調査を実施した。

この調査結果では「職場の上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰る」という質問に対して、「そう思う」「ややそう思う」と回答した新入社員は48.7%。

これは昨年度の38.8%から9.9ポイント上昇し、過去最高の数値になった。「働き方改革」が議論され、長時間労働の是正という動きに注目が集まる中、今年の新入社員は自分の時間を大事にしたいという意識が高いといえるのかもしれない。
しかし、過去最多とはいうものの、逆から見れば半数以上の新入社員が自分の仕事が終わっても帰らないことになる。

次に「職場の同僚、上司、部下などとは勤務時間以外はつきあいたくない」という質問項目では、「そう思う」「ややそう思う」が合計で30.8%で、こちらも前年度より10.1ポイントの上昇で、やはり過去最高を更新した。

「デートの約束があった時、残業を命じられたら」との質問については、以下の結果だった。
「ことわってデートをする」:28.7% 前年度より6.1ポイント上昇
「デートをやめて仕事をする」: 71.0% 前年度より5.9ポイント下降

この傾向は5年前からで、残業よりデート派が増加し、残業派が減少している。

上記のような結果から、自分の仕事が終わっても上司が残っていると帰りにくい、という職場の文化を持つ企業はまだまだ多いといえる。
紳士服の製造・販売を手がけるはるやまホールディングスでは、社員が残業せずに帰れるように取り組む方策として、今年4月から「No残業手当」制度を導入した。毎月、残業時間ゼロを達成した社員に15,000円を支給するというものだという。
おそらくこのような仕組みを入れ込まない限り、社内の独特の空気・文化はなかなか打破できないのかもしれないが、その一方で着実に「自分の仕事が終わったら帰る」という新人社員の数も増加しているのは注目に値する。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. 先日(平成29年9月15日)、玩具大手のレゴが、全世界の従業員の約8%を削減すると発表しました。 …
  2.  はた楽サロンをご愛読の皆さま、こんにちは。  官能作家・コラムニストの蒼井凜花です。 「成功…
  3. 「アムロス現象なオンナは仕事も恋もうまくいかない」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんに…

しくじり部長

  1. 今回の衆議院選挙では、元政策秘書の男性への暴行・暴言問題で自民等を離党し、無所属での出馬した豊田真由…
  2. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  3. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …

NEWS & コメント

  1. 株式会社マクロミル(英文社名:Macromill,Inc. 東京都港区)は「年末年始は何する?いくら…
  2. 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は…
  3. 東大発ベンチャーの株式会社情報基盤開発は、ストレスチェックの実施・受検状況に関する調査結果を発表した…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 図解 どんな場面でも会話が楽になるビジネス・シチュエーション別 話し方の教科書
    図解 どんな場面でも会話が楽になるビジネス・シチュエーション別 話し方の教科書
    放送作家、メンタルトレーナーなど9人の会話のプロがやさしく解決
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    自分の人生を取り戻すための36の処方箋。
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る