「心の病」で労災認定が過去最多!

過労や仕事上のストレスで、うつ病などの「心の病」となり、労災認定された人が過去最多になった。
報道で大きく取り上げられた事件として、過労で自殺した電通の高橋まつりさんは記憶まだ新しいが、間違いなく彼女もその中の1人に数えられている。

厚生労働省によると、2016年度に、長時間労働による過労や仕事上のストレスが原因で、うつ病などの精神疾患を発症し、労災認定された人の数は498人だった。
この数は、前年度より26人の増加で、5年連続で400人を上回り、しかも1983年の調査開始以来、最多の数を記録した。この中で自殺に追い込まれた人は未遂を含めると84人という結果だった。9人減ではあるが、過去4番目に多かった。

また、労災申請の数は1,586人で71人増加で、4年連続で最多を更新している。

労災認定を年代別に見た場合、内訳は下記のようになっている。労災認定、自殺ともに20代以下の増加が目立っている。
・10代:(9人)
・20代:(107人)
・30代:(136人)
・40代:(144人)
・50代:(82人)
20代は20人増加、10代でも7人増加だった。
過労自殺については、20代が14人から22人に、10代はゼロから2人になった。

労災認定となった人の月の平均残業時間については以下の結果となった。
・20時間未満:84人
・100時間以上120時間未満:49人
・160時間以上:52人

発症要因としては仕事の質と量の変化、つまり長時間勤務等が149人、いじめや上司とのトラブルといった対人関係が100人、事故・災害体験が95人、仕事の失敗やノルマが30人だった。 

業種別の順位は以下のようになった。
・製造:(91人)
・医療・福祉:(80人)
・卸売り・小売り:(57人)

過労による脳・心臓疾患の労災認定では業種別順位は変動している。
・運輸・郵便:(97人)
・製造:(41人)
・卸売り・小売り:(29人)

最後に過労死の数だが、11人増加で107人だった。

厚労省職業病認定対策室では「職業による精神障害が労災対象と周知されたことで、認定件数が過去最多となった」としている。また詳細なデータから労働時間より職場での人間関係が原因として多いことに言及している。

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

Facebook

はた楽コラム

  1. 経済産業省・中小企業庁の補助金と厚生労働省の雇用関係助成金の違い  今回は、経済産業省や中小企業庁…
  2. 「小池百合子氏に学ぶコミュニケーション術」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋…
  3. 先日、某雑誌に「セクハラにならない誘い方、口説き方」という記事が掲載され、一騒動ありました。 ただ…

しくじり部長

  1. 通勤中 林部長が会社に向かって歩いていると、緑の洋服を着た人の街頭演説を目にしました。 「原…
  2. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …
  3. 2010年に当時の長妻厚生労働大臣が少子化打開の一助として「イクメン」という言葉をはやらせたいと国会…

NEWS & コメント

  1. 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、40代からの「目の健康」をテ…
  2. 過重労働による自殺、過労死について、働き方改革を進めることが社会的に求められる課題となっていた。しか…
  3. 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、東京オリ…

プレスリリース

  1. 2017/5/30

    ビジネスパートナー募集
過去の記事

「協力コラムニスト」募集中

企画記事やインタビューにご協力(記事へのコメント、企画など)いただける方々を募集しています。より多くの人の役に立つ情報を発信するために、専門職の方々をお招きして、さらに存在感を高めたいと考えています。ご関心のある方はぜひご応募ください。

「はた楽サロン」協力コラムニスト募集のご案内

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 命の応援歌。
    命の応援歌。
    「世界最後の自信持てよ。本当は、おまえはすごいんだ。」言葉を操るラッパー・GAKU-MC
  1. 学習する組織―システム思考で未来を創造する
    学習する組織―システム思考で未来を創造する
    人とチームの「学習能力」の根源を探りマネジメントの新常識を打ち立てた名著、待望の増補改訂・完訳版。
  1. メディユースラボ 咲-Lady 1箱
    メディユースラボ 咲-Lady 1箱
    女性ホルモンを補助して体や心の健康をサポートするサプリメント
ページ上部へ戻る