社員の2人に1人が自分の評価が低いと思っている!

人事評価クラウド型運用おせっかいサービス「ゼッタイ!評価®」を提供する株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介)のプレスリリースで、人事評価の悩み・課題に関するインターネット調査の結果が公表された。

調査方法は株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施された。このアイリサーチ登録モニターの中で、従業員300名未満の会社で、人事に関わることがある会社経営者もしくは、人事に関わることがある人事担当者もしくは、人事評価を受ける立場の従業員男女20歳~69歳を対象とした。
有効回答数は1200人で、内訳は会社経営者:400名、人事担当者:400名、従業員:400名だった。
実施日は今年の年3月10日(金)~3月14日だった。

まず、会社の制度と待遇についてだが、従業員である自分の評価について「評価が低いと思う」「まあ低いと思う」と回答した人の合計が50.6%で、従業員の2人に1人が自分の評価が低いと思っているという結果だった。

会社の制度や待遇についての不満については、最も多かったのが「評価または評価制度のわかりやすさ」(75.5%)。次に「給料や報酬」(71.0%)、「人事評価」(67.3%)と続いた。
不満点について、「給料や報酬」より「評価または評価制度のわかりやすさ」を上回ったということは、給料や報酬そのものよりも、それらを決定する評価制度や社内の仕組み等を問題であると考えているのかもしれない。

評価者の悩みと課題では、人事評価と給与の連動については、従業員の8割以上が「連動していない」・「わからない」と回答した。また、人事評価を行う際の悩みは「評価と報酬の関連性が持てていない」が42.0%でトップ、次に「評価者による甘辛の評価が出てしまう」、「人事評価の尺度が定められていないため、評価しづらい」の順になった。

部下への評価については、評価する側の人間の約3割が「部下に正当な評価ができていない」と回答した。では、部下を正当に評価するために必要だと思うことはという問いについては、「上司としてのキャリア」と「評価する基準値」が85.6%でトップだった。

会社経営者では、正当な評価をするために必要だと思うことに対して、「上司としてのキャリア」が92.8%で最も多かった。しかし評価者と従業員では「評価する基準値」が最多の回答になっていることから、会社経営者との認識の差が浮彫りになっている。客観的な基準が必要だと考えている従業員に対して、経営者の独自のキャリアは通用しないということだろう。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

組織行動診断士講座紹介動画

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. はた楽サロン」をご愛読の皆さま、こんにちは。官能作家・コラムニストの蒼井です。 「成功する女性に…
  2.  この連載も今回が最終回になります。これまで読んでくれた読者のみなさまに感謝をこめて。ありがとうご…

しくじり部長

  1. 今月22日発売の「週刊新潮」で報じられたことで、一躍、世間の注目の的となった豊田真由子衆院議員(42…
  2. 平成27年12月より施行されたストレスチェック制度。 ところが三田さんはなぜかストレスチェックを受…

NEWS & コメント

  1. 世界最大級の宿泊予約サイトHotels.com™は、ワークライフバランスと国内出張に関する意識調査を…
  2. ブランド総合研究所が「地域ブランド調査2018」の結果を発表した。(地域ブランド調査2018・特設ペ…
  3. 全国でゲストハウスウエディングを中心に、様々な記念日プロデュース事業を展開しているアニヴェルセル株式…

はた楽サロンWEB講座

千葉麗子

千葉麗子

登録販売者WEB講座

社労士テキスト

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る