ストレスの原因から解消法まで、実態調査結果

ストレスに関して幅広い調査結果が出た。
調査報告を発表したのは株式会社インテージで、一般の人々が日常でどのようなストレスをかかえているのか、どのように対処し、いかにストレスを解消しているのかという実態調査だった。

【インテージの自主企画調査結果】
調査手法 インターネット調査
調査地域:全国
対象者条件:20-59 歳の男女
調査実施時期:2017年5月8日(月)~2017年5月9日(火)

ストレスを感じる頻度は?

・ ほぼ毎日 32.4%
・ 週に4-5回程度 15.5%
・ 週に2-3回程度 24.3%
・ 週に1回程度 10.7%
・ 月に2-3回程度 8.8%
・ 月に1回以下 8.2%

何にストレスを感じている?

【男性の回答】
1位:仕事の内容
2位:職場の人間関係
3位:自分自身の将来のこと
4位:仕事の量
5位:周りの人のマナー
6位:雇用形態・給与などの労働環境
7位:睡眠時間の短さ

【女性の回答】
1位:家計に関すること
2位:職場の人間関係
3位:家事に関すること
4位:周りの人のマナー
5位:仕事の内容
6位:親族や親戚との人間関係
7位:夫婦間の人間関係

ストレスを感じる時期は?

1位:12月
2位:3月
3位:4月
4位:1月
5位:5月
6位:8月
7位:2月
8位:9月
9位:7月
10位:6月
11位:11月
12位:10月

ストレスを発揮でている?

・ とてもそう思う 3.0%
・ そう思う 25.3%
・ どちらともいえない 41.7%
・ そう思わない 22.4%
・ まったくおす思わない 7.6%

「ストレス解消法の数」と、「うまくストレス発散できているか」の関係性について言及されていた。
ストレス解消法の数が「7個以上」ある人は「0個」の人に比べ、「とてもそう思う+そう思う」の割合が17ポイント高い結果だった。また、女性の20代では、ストレス解消法の数が多いという結果が出たことから、ストレス発散がもっともできているといえそうだった。

ストレス消費と情報について

ストレス解消法のためにお金を使ったという経験については、「経験がある」は、全体で81.8%、特に女性では88.5%と多いことがわかった。
また、男性は「運動・スポーツ」「お酒」「音楽」、女性は「甘いもの」「買い物」「コミュニケーション」が上位になった。

「ストレスチェック」が義務化され、今まで以上に「ストレス」についての情報が多く発信されるようになっている。
しかし、ストレス関連情報については、直近1年以内に「ネットで対処法などを調べた」人は、全体で18.4%と、あまり高くはない結果だった。ただ、ここでも男女格差が生じ、女性20代では27.9%と高い結果だった。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1.  先日、ラジオ番組の公開収録イベントで歌を歌いました。昔アイドルタレントだったので人前で歌うのは嫌い…
  2. 「進化する人に、チャンスは訪れる」 「はた楽サロン」ご愛読者のみなさま、こんにちは。恋愛心理研…

しくじり部長

  1. いつもの光景 今日も林部長は役員会議に呼ばれました。 社長と豊岡専務の前で、いつもの叱責です。 …
  2. 代議士の秘書に対するパワハラ報道が過熱したかと思えば、次に芸能界ではまるでサスペンスドラマの一場面の…

NEWS & コメント

  1. 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は全国の20…
  2. 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代…
  3. 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Resea…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る