「パワハラ」経験者は3割を越える!

厚生労働省が全国の企業・団体に勤める20~64歳の男女1万人を対象にした調査結果がある。昨年にインターネットを通じて行った調査で、最も注目するのが職場で過去3年間にパワーハラスメント(パワハラ)を受けたと感じた、と回答した人の割合だ。頻度別に3項目の合計で32.5%という結果だった。

2012年の前回調査と比較すると、7.2ポイント増加だった。
この理由について、同省では「企業の取り組みが進み、パワハラへの関心が高まったこと」が理由の一つとみているようだが、一方でパワハラ経験者が「会社関係に相談した」人についての調査では、自身の勤務先の対応が「パワハラと認めた」という回答は10.4%しかなかく、この数値は前回調査より1.2ポイント低下している。
「パワハラと認めなかった」という回答は16.7%で、「認めた」という回答より多く、圧倒的に多かったのが「あったともなかったとも判断せず、あいまいなままだった」というものだった。

パワハラを受けたと回答した人には、その後の行動を聞いた質問(複数回答)もあった。その結果以下のようになった。
・「何もしなかった」 (40.9%)
・「会社とは関係のないところに相談した」 (24.4%)
・「会社関係に相談した」 (20.6%)
・「会社を休んだり退職した」 (17.0%)

最多の回答数になったのが「何もしなかった」だが、さらにその理由についての質問(複数回答)もあった。
・「何をしても解決にならないと思ったから」 (68.5%)
・「職務上不利益が生じると思ったから」 (24.9%)
・「何らかの行動をするほどのことではなかったから」 (13.6%)
・「職場の上司や同僚との人間関係が悪くなることが懸念されたから」 (13.4%)
・「パワハラ行為がさらにエスカレートすると思ったから」 (12.9%)

パワハラを受けた無力感を示す回答結果で、さらに職場・上司に対しても不信感が背景にある回答といえた。

また、労働者対象ではなく、雇用側の企業・団体を対象にも行った結果もある。これは正社員30人以上、約4500社からの回答結果だった。
パワハラ対策をしている企業・団体の割合は52.2%と半数を超えていた。この結果は、前回調査と比較して「対策をしている」企業・団体の割合が増えている。

厚生労働省は、このような結果から、対策を取っている企業の割合が多いにも関わらず、従業員には浸透していない可能性があるとしている。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. 三度の離婚を経験しているのでシングルマザー生活が長い私ですが、これまで、本当に良く働いてきたなとつく…
  2. 2000年代にパワハラ(パワーハラスメント)という言葉が誕生して以来、何かと目や耳にする機会も多くな…

しくじり部長

  1. 池田さん、産休前でも元気に出社 社内で様々なトラブルやしくじりをしてきた林部長ですが、今日は穏やか…
  2. 今年の流行語大賞の最有力候補に躍り出た「忖度(そんたく)」も、職場では困った事件に繋がります。 日…

NEWS & コメント

  1. 化粧品販売を行う株式会社メディプラスの関連会社である株式会社メディプラス研究所が、2018年版の「ス…
  2. 江崎グリコ株式会社(代表取締役社長:江崎勝久)は、ビスケット菓子「ビスコ」の新商品『ビスコ シンバイ…
  3. 心拍トレーニング製品のリーディングカンパニーであるポラール・エレクトロ・ジャパン株式会社(本社:東京…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る