パワハラ社内報で大炎上

過激な発言が掲載された社内報を従業員がツイートし、一気に拡散。
翌日には、その社内報を出した会社がホームページ上で「お詫び」を掲載するとともに、社内報の全文まで公開した。「本来の意図が伝わっていない」という理由で行ったようだが、これが逆効果を招いた。
炎上は拡大し、株価急落になるほどの騒ぎになった。

その社内報の内容では、

「挨拶すら出来ない馬鹿が多すぎる」
「家庭が劣悪な条件で育ったのだろう」
「個人的に張り倒した輩が何人もいる」
「生殺与奪の権は、私が握っている」
「お馬鹿と利口を分けること、これが格差社会」

というような過激な表現が多く見られた。

これは「甘太郎」や「かっぱ寿司」「牛角」などの飲食店を展開する上場企業コロワイドの社内報で、過激な発言主は代表取締役会長の蔵人金男氏だった。
同社はM&Aを繰り返して成長してきた企業だ。よく目にするチェーン店が次々に傘下に入ってきた。
蔵人氏はマスコミにほとんど登場しないことで有名だが、日本経済新聞(14年10月28日付電子版)の取材に珍しく応じた記事を目にした。

蔵人会長の方針は、その取材記事の内容を見ると、買収先企業であろうと自社の生え抜きであろうと、全く関係なく、社員に声をかけて回るようだ。しかも経歴は一切関係なく実力次第で重用する。逆に実績を示せなくなった場合に更迭することもあるという。
経営者と社員が一体化することで、実力を発揮させる方針で、このためには「鬼の存在」が不可欠だと社内報で語っている。
自らが鬼になり、部下に擦り寄ることをしない孤独な経営者として、ここまでの成長を支えてきたという。

コロワイドは17年3月期の連結最終損益は46億円の赤字に転落した。
最も問題だったのが「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトだった。59億円の最終赤字。
そのため、すぐにカッパ・クリエイトの社長は更迭された。赤字転落は蔵人会長にとって「重罪」としている。当然ながらこの結果には怒りが爆発したそうだ。

このことが社内報での社員に向けられた過激発言に繋がったともいわれている。

コロワイドの広報担当者は以下のようなコメントだった。

社内報は「メインの内容はビジネスの基本となる考え方を述べたものです」
問題視された部分は「社会人として、あいさつは基本であり、大きな声で元気にあいさつできるように心がけよう、という意味が込められています。独特な言い回しが誤解を受けたのです」
またこのような発言もあった。「会長を知っている者であれば、ユーモアとして捉えられる言い回し」

客観的に見れば明らかにパワハラ盛りだくさんの社内報だが、蔵人会長はカリスマ経営者であるというのも事実だ。

関連記事

プロのコメント

Loading Facebook Comments ...

組織行動診断士 資格の魅力

Facebook

一般社団法人組織行動診断士協会

はた楽コラム

  1. 職場や家庭での“イライラ”“カチン”を何とかしたいあなたのための やさしい 『アンガーマネジメント…
  2.  はた楽サロンをご愛読の皆さま、こんにちは。  官能作家・コラムニストの蒼井凜花です。「成功する女…

しくじり部長

  1. 今年の流行語大賞の最有力候補に躍り出た「忖度(そんたく)」も、職場では困った事件に繋がります。 日…
  2. 池田さん、産休前でも元気に出社 社内で様々なトラブルやしくじりをしてきた林部長ですが、今日は穏やか…

NEWS & コメント

  1. 東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」が記事として掲載された。(東…
  2. ゼネラルリサーチ株式会社(代表取締役:五條 寿朗、本社:東京都渋谷区)は、副業に関して「働き方改革関…
  3. 一般社団法人日本ビジネスメール協会(代表理事:平野友朗、所在地:東京都千代田区)は、仕事におけるメー…

今月の顔・千葉麗子

千葉麗子

今週の一作

カテゴリー

オススメ商品 [PR]
  1. 「私らしさ」のつくりかた
    「私らしさ」のつくりかた
    「ゼクシィ」「HOT PEPPER Beauty」などにかかわった後、3000人の女性を支援してきた人気起業家、初の著書!
  1. 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    働けど、働けど。会社、お金、世の中、他人、出世、生活「のために」生きるのをやめる!
  1. 【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    【28日定期プラン】メディユースラボ ラクニネル 1箱
    眠れない、眠りが浅い、ストレスがたまる・・・。睡眠障害とストレスの悪循環を和らげるサプリメント
ページ上部へ戻る